乱れ咲

狂乱家族日記 壱さつめ』日日日

1000年前に存在した破壊の化身の子孫を集めて家族計画をやっちゃう話。
当然のように全キャラ変な名前&変な性格ってういか変人なわけで全編通じて破天荒。
ていうかここまでくると破天荒こそ日常なんじゃねーかという感じ。

といいつつ何気に家族愛だとか人間愛だとかにも触れてる作品でして、ほろりとくる一コマもあるようなないような。
今回は家族の一人を重点的に紹介しつつ他の奴らの謎にもチラリと触れる感じで、この調子でいくと一通りやるのに10巻ぐらいはかかりそうなぐらいの勢いで謎を残しつつ終了してたり。
ちなみに一番の萌えキャラは謎の宇宙(?)クラゲこと乱崎月香。
空飛んだり色変わったり電気出したりと好き勝手しまくりだけど家族おもいな軟体生物です。

そういえば全然感想になってない気がしますが、まあ切り口は違うものの他のと同じように日日日作品です。

164冊目(☆☆☆☆☆☆☆)