恒例

地獄少女 第十四話 袋小路の向こう』

いつか忘れたが、守ろうとした復讐者を守りきれなかった柴田さんが今度こそはとリベンジマッチ。町長と其の息子の不正の証拠と思われる写真とネガとともに失われた父親の仇を討つべく地獄少女と契約した少女を守りつつ真相を暴くのが今回のテーマ。

政治の問題が絡むと厄介な話になりがちで、今回も当然のように相互で入り組んだややこしめの展開。とりあえず町長の息子はあまりにも短絡的な馬鹿だと思いましたが。

ま、すっげー人間的な終わり方ですが、後味悪い回でした。

(☆☆☆☆★)


ローゼンメイデン・トロイメント 第5話 手紙』

最近妙に可愛い口悪人形が更に可愛くじたばたするというなんともいえない回。
無論基本的なストーリーは全然面白くなく、知能指数と精神年齢が低すぎる阿呆どもがウダウダするのは見てて苛々するのだが。

でもま、ソレを差し引いても少し面白かった。

(☆☆☆★)


灼眼のシャナ 第14話 偉大なる者』

シャナ過去編。
無表情メイドとカクカク動く強い骨とぼーぼー燃えてる業火と一緒に箱庭の中で修行に明け暮れるシャナ(と名づけられる前の少女)。

クオリティーはえっらく高いように感じました。すげぇ作画&パンモロ。
存在年齢以外のシャナの年齢は変化してないはずなので外見的には全然変わってないんだけど、やはり中身がまだまだ幼い感じがして、それは非常に可愛かったです。

(☆☆☆☆)


交響詩篇エウレカセブン 第38話 デイト・オブ・バース』

今クールのテーマだと俺が認識している『親子』に関するイベントの総決算。
エウレカとアドロックの話とか思春期全開のレントンとそれを生暖かい眼で応援する暇な大人たち。名実ともに親父になることが確定したホランドの暴走。などなど、ゲッコーサイドは人間関係で大あらわ。

で、敵であるデューイ閣下はクーデターの仕上げに取り掛かり賢人どもをさっくりと抹殺。そんなこんなで多分次回を持って第3クール終了です。

さーてちゃんとおわらせれるのかね。

(☆☆☆☆)

魔法戦隊マジレンジャー Stage45 2人はともだち 〜ジー・ゴル・マジュナ〜』

ありがちな敵と戦隊員との友情話。
それに加えてンマの犠牲者が確定したりインフェルシアに幽体離脱していったマジマザーが親父発見したりと、まあこっちも終わりに向けてまっしぐら。
とりあえずマジピンクの演技の臭さは相変わらずだなーと思いました。

(☆☆☆★)