『功名が辻 第二話 決別の河』

改めて思うが、やはりキャストが気に入らない。
秀吉はただのおっさんだし、ねねは既におばはんだし、信長様は威厳に乏しいし、光秀も当然のようにおっさんだし。正直現時点で納得がいくのは一豊と今川義元ぐらいだ。あの義元は完璧だった。

それはそうと、どうみても10歳前後に見える千代さんなんですけど、俺が調べた限りではこの時まだ3歳のはず。つーわけで一人で歩いて尾張までくることもなければ一豊とこの時出逢って会話してるわけも無いはず。ま、そこらへんはあら捜しにしかならないのでいいんですが。

第二回にして早くも千代@仲間に変更となるため子役の彼女は退場。多少鼻につく演技ではあったものの、純朴さとこまっしゃくれさとお転婆さと素直さが同居したまあまあの演技を魅せてくれました。今後の活躍に期待。

・・・あー、やっぱきつい。秀吉とねねのやりとりが熟年離婚直前の夫婦の会話にしか見えない。『秀吉』の時はもっと若々しかったから違和感なかった、というより沢口さんは滅茶苦茶綺麗だったのになあ。

(☆☆☆)