恐らく世界初だと思ったが大間違いだ

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 其の壱 ハジマリ』

恐らく人類の歴史で最初であろう、同人ゲームのTVアニメ化、と思ったらとうの昔に月姫がありました。
たかだか2クールで鬼隠し編から目明し編までやるという、暴挙と相まって、とても先行き不安な作品。

そして、しょっぱなからバットでの同級生撲殺シーンが全国的に流れたことでいろんな意味で更に不安に。キャラデザに関しては元がアレなので多少は変える必要があるわけで、まあ基本的には許容できる範囲内の変更。どうも色の塗りがあまいような感じがするのと、異常なまでに崩し絵が多いのも気になるものの、綿流し以前の超ゆるゆる展開(なにせ俺すら途中で投げかけた)の間はギャグに走るのもいいかなと。

細かいところはさておき、とりあえずの感想。

・見てて寒さくなるぐらいにテンションが空回りしている感じがする・・・が、原作がそんな感じなので仕方ない。
・展開がやや速い感じなので原作知らない人は置いてけぼりになる・・・かもしれんがそんな奴は原作をやればいいだけの話なので何の問題もない

漫画の一話とほぼ同じペースで一話が終了。
とりあえず評価は鬼隠し編が終わるぐらいまでは保留で。

(☆☆☆☆)


NANA 序章 奈々とナナ』

恐らく現在日本でもっとも人気のある少女漫画である『NANA』がなんともいえない時間帯の深夜番組としてアニメ化。
当然のように俺も好きなので見てます。

作画は今のより連載開始のときに近い感じなので多少違和感が。
表情の豊かさが中々よろしいかんじで、かなり頑張ってるような。

映画版でもそうだったけど、アニメでも一話の開始は二人のナナの出会いのシーンから。
これは漫画版においての第二巻の第一話であって、本来は第一巻で二人のナナが状況に至るまでの出来事をダラダラと紡いでるのですよ。当然というか、そのときの絵はさらに違いますが。

ま、基本的に原作準拠って感じの作品。
中々テンポも良いしBGMもいい感じである。
多分ハチクロと似たような感じに突き進むんじゃなかろうか。
少なくともヒロインの声がまともという点ではこっちが圧勝だが。
ハチクロは肝心の『はぐ』の声が・・・いや、まあキャラにあってはいたのだが役者としては最低ラインだったので。

時間が時間なのでそのうち見忘れちまいそうだが、まあ覚えてる限り見続けます。

(☆☆☆☆)