『功名が辻 第15回 妻対女』

浅井が滅んで失業した望月六平太が小りんとともに山内家に潜入。
一豊千代両名の命の恩人でもあるところの忍なわけだが、とりあえず食客として世話になると自分的に確定して勝手に長屋に居座ることに。

若き頃よりの仲間達の妻が次々に身ごもる中、山内家にそんな兆候は欠片もなし。気に病む千代は小りんを側室にしてしまおうかと一瞬思うものの・・・まあ愛の力で適当に解決。今日は特に大きなイベントもなくなんともラブラブに終わりました。

(☆☆☆)