『功名が辻 第17回 新しきいのち』

妊娠発覚・・・したかと思えば時は流れ、ちよの腹が見事に膨れ上がっている。

それはおいといて、前回ラストで秀吉妹との婚姻を断った部下に対して秀吉が直々に結婚の命令を発令しつつ座して願ったり。まあ戦争したり築城したりで色々大変だったから時期が遅れたんだろうけど、なんかちと違和感が。どうせなら前回のラストか今回の初っ端に入れて、それから腹膨れたちよもってきたほうがよかったんじゃなかろうか。まあそれはそれとして、大河ドラマは脇が非常によろしい。秀吉妹の田舎くさすぎる演技の見事さもさるものながら、その旦那になった人のダンディーっぷりも見事なものであった。

で、そんなこんなであっというまに一年経過。
羽柴秀吉の人生において最大級の苦難であった北陸攻めの幕開けである。
・・・といってはみたものの実際は勝家と喧嘩して陣を退いてからの言い逃れが超苦難ってだけの話なんだが。これは俺の愛する堺屋版秀吉においてもかなり大きなイベントだった。

そんな感じで次回は大変そうです。

(☆☆☆☆)