たまには雑記でも

アニメ見たり読書感想書いたりなんかした日には全然雑記を書いていない、ということに今更気づいたので久々に何か書いてみよう。

とりあえず最近の日課としてここ数年読んでいなかった漫画を一日に1シリーズずつ読むというのがある。
初日である日曜日は『ろくでなしブルース』を一気に読破してかなり眼を酷使。
感覚的には4年ぶりぐらいに読んだ作品だが、ギャグとシリアスの共存関係がかなり良い感じ。
ただまあ長期連載にありがちな強さのインフレ現象=最強の敵であったはずのライバルがいつのまにか雑魚っぽくなる、が目立ったのがちと残念。個人的にはやっくん戦が好きなんだが。

二日目である昨日はかなり久々に『行け!稲中卓球部』を軽く読破。
いつのまにかギャグというよりは哲学的な漫画を書くことになった作者が全力投球で送るギャグ漫画の傑作である。
まあ後半戦はなんともいえない哲学っぽさが出てきたりもしてたが。
とりあえずちよこの可愛さは尋常じゃないと思う。

三日目である今日は『僕といっしょ』を適当に読破。
稲中からの過渡期、というような感じがして、なんとも中途半端な出来。
が、まあまだまだギャグ全開なので笑えたんだが、やはり稲中の方が好き。

というようなすげぇ適当な内容となったが他に書くようなことは無いので、これぐらいで。