『功名が辻 第24回 蝶の夢』

最初の10分弱で明智が完全に敗北し、本人も死亡。
厄介なのは細川家に嫁いだ後のガラシャぐらいのようで、城の内部で結構な悶着。
でもまあ、今回の肝はそこではない。

ということで清洲会議です。
まあ織田家の跡目を家長の息子にするか弟にするかの二択なんだが、双方を立ててるのが筆頭家老の勝家と一番手柄の秀吉っていうのが厄介なところ。結果だけ簡単に言うと、千代と長秀のナイスアシストが目立っただけって感じ。全身全霊を込めて馬になり果てた秀吉の根性もお見事でしたが。とはいえ、こうなるように根回ししたのは完全に秀吉の策略だからねえ。

相変わらず肝心な部分の運に見放されがちな一豊でオチがついて、次回は根本的にはどうでも良さそうな話に続きます。

(☆☆☆★)