『Fate/stay night』総括

全24話で放送されたFate/stay night。
セイバールートを基本骨子に、他のルートの要素をちらほらと付け加えたもの。
かつての黒歴史である月姫アニメ版に比べれば作画脚本演出などの全ての点で段違い。
時折設定と違った描写があったり戦闘シーンに迫力が無かったりするものの概ね問題ない範囲。
滅茶苦茶面白かった、といえるのはアーチャーが散る例の話だけなのがちと残念だが、あの話にかけてスタッフの気合には恐れ入ったもの。結局通してみればエンディングが特別扱いだったのはあの話と最終回だけだった筈だし。

個人的にはセイバールートよりアーチャー(凛)ルートをやって欲しかったのだが、まあ今更それを言っても仕方ないか。
兎に角、原作ファンとして見る分には充分許容できるクオリティーを保っていたと思う。
無論膨大な原作であるがためにかなり端折ったり駆け足で過ぎ去ったシーンもあるので、その辺は脳内保管が必要だが。
それを考えると原作を知らないアニメだけの視聴者的にはどうだったのかなあ、と思う部分もあるがそういう人は原作もやればいい。折角なのでPS2版まで待つのもいいだろう。何せ原作ではセイバールートを超越する出来のルートが最低でも一つはあるし、人によっては二つはあるのだから。

という感じで全24話、いつかまた通して見る・・・日がくるかもしれないかなあ?

(☆☆☆☆)