漫画日和

大神をクリアしてからこっち、次のゲームを何にするかを決定しきれていない。
ので、懐かしい漫画を読みふけってみた。

ということで第一弾は藤田和日朗珠玉の名作『うしおととら』。
最終章になって見事な失速と迷走を魅せてくれた『からくりサーカス』と違い、最終章こそが最大の見所である問答無用の超傑作。
それまでにうしおととらが積み上げてきたものの全てが終結し、最後の敵に立ち向かっていく様は感動するより他にない。
最後の3巻ぐらい読んでる間に幾度涙したことか。

そして続いて八木教広が送る最恐ギャグ漫画『エンジェル伝説』に突入。
最初は目を覆うぐらいの作画なのに、気づいたときには美麗としか言いようが無い見事な絵に。
この進化っぷりは藤島康介のそれを髣髴とさせる。
燃えたり感動できたりするシーンも多々あるものの、基本的には誠一郎の一生懸命さがまきおこすギャップと、異常に冷静かつもってまわった喋り方をする登場人物たちの天然的漫才トークを楽しむのがこの漫画を楽しむための本道であろう。
クレイモア』完結の暁には再び日常世界を舞台にしたこういった物語を綴ってもらいたいと思っているが、あっちのほうも現在最盛期といえるのでそれほど強くは思っていない。

あとついでに今日発売となった高津カリノの『WORKING!!』も二度ほど読んでみた。
一応本誌でも読んでるのだがまとめて読むとやはり違う。
今回は伊波さんの可愛さがものっすごく際立った他は、佐藤君の素敵なまでのイライラっぷりが見所。
似たような状況を体験していた時期が少しあるのだが、可愛さあまって憎さ100倍ってのはこのことかと不覚思い知らされた。
発散する対象があるだけ佐藤君は恵まれているのかもしれない。