新番組の感想第一弾

というわけで毎週更新する気力はなさそうな俺のせめてもの主張ということで新番組の第一話の感想を中心にダラダラと。

ゼロの使い魔

原作に瞬時に惚れて早く飽き始めてるツンデレ魔女っ子作品。
ヒロインのルイズの顔が明らかに原作のものと違いすぎてるため放映前から不安が一杯。
しかも主人公の中の人コンビがシャナとまんま一緒ってのはオイオイ待て待て、という感じ。

とかそういう心配はさておき、アニメ自体は結構良い出来でした。
作画丁寧だし着脱シーンもギリギリ近くまで描けてるし見事に洗濯板だし。
第一話ってことでサイト側の状況は全然描かれてないものの台詞とか反応とかから充分判るし。
ただまあやはり中の人の演技がシャナの時となんらかわらないっていうのがちと。
台詞に『うるさい』って言葉が結構多く登場したんだけど、いつ『うるさいうるさいうるさい』って言い出すかとすげぇ不安でした。
来週は早くもゴーレムvsサイトの立ち回りが拝めるようなのでその戦闘シーン見てから正式な評価かなあ。

(☆☆☆☆)

僕等がいた

どんな作品かもさっぱり予想がつかなかったけれど何となく気になってので録画してから公式サイト見て軽く興味をそそられたので見ることに決めた作品。

あらすじなんかは公式サイトで見てもらうとして普通に内容の感想。
主人公の二人の声の技術がちと劣ってるかなーって感じだったけど高校生らしい演技といえば確かにそうなのでギリギリ許容。
それよりシナリオ、というより脚本が良いのかなんか話のテンポってか会話のテンポがいいように感じた。
特に主人公と隣のえーと山本さんだったかな、彼女とのやりとりが俺のツボにズキューンと。
まったり見るにはちと深そうなテーマ扱った感じの作品だけど、まあ耳をすませばを見るときのような気分で見続けていきます。

(☆☆☆☆★)

ハチミツとクローバー2』

ファーストシーズンの見事なまでの完成度には感服した俺なので当然セカンドシーズンにも超期待している。
のだが、第一話は前シリーズの総集編で終了。
まあ原作が佳境とはいえ明らかにセカンドシーズンするには話数的に足りない感じなのでこういう話でお茶を濁すのは当然か。

(☆☆☆)

涼宮ハルヒの憂鬱 最終回』

テレビアニメ史を塗りかえれるレベルの話を次から次に投入し続けた涼宮ハルヒの憂鬱もついに完結。
表題どおりに小説シリーズの第一弾である涼宮ハルヒの憂鬱の完結編でもあるところの最終回。
正直思った以上に綺麗に最終回として魅せてくれたので特にいうことはなし。
これほどの作品をテレビアニメで毎週やってくれた京都アニメーションに全身全霊を込めて敬意を表します。
とりあえず、今回も長門が(以下略)

(☆☆☆☆☆)シリーズ通算

ひぐらしのなく頃に 暇つぶし編其の壱 ヒナミザワ』

言うべきことは二つ。
・最重要ともいえる麻雀シーン完全カットは流石につらい
・そりゃ幾らなんでもあそこまで豹変されたら赤坂もビックリだよなあ

みたいな。

(☆☆☆★)