『功名が辻 第27回 落城の母娘』

前回、なんつーかその主のために凄絶な死を迎えることになった後藤吉兵衛。
忠臣にして第二の親父ともいえる・・・って弟あんたかよ!
予想だにしない人物の登場に吉兵衛を惜しむ気持ちも・・・って自害すんなや!
予想できんことはない展開ではあるといえ結婚もして無い相手が死んだからって自害するのはよくないと思います。

今回は秀吉vs勝家の決戦のとき。
どうもここから七本槍と石田三成を出張らせるようで大々的に登場。
あと、最近その兆候はあったものの、一豊の秀吉軍での立場がちと弱くなりつつある感じに。
肝心の戦場でも・・・その・・・なんだ、頑張ってくれ。

で、呆気なく勝家とお市の方死亡し、茶々、初、合の三人が秀吉方に落ちてきて戦闘終了。
茶々が見事なまでに秀吉に対して嫌悪感たっぷりなうえにすげぇキツイ形相なのが痛々しい。
清洲移って即座に打倒秀吉を誓って千代を誘い入れる根性はすげえと思うが。
って千代の人生におけるラスボスが茶々かい。

次回は出世街道から外れちまった一豊の苦悩。
ま、今回明らかに役に立ってなかったからねえ。

(☆☆☆☆)