いくつかは簡易的

ゼロの使い魔 第2話』
冒頭ではサイトが召喚されたシーンをサイト視点で。
今回はギーシェのゴーレムとのバトルシーンがメイン。
他のイベント微妙にすっとばしてのバトルなんで感情移入がちとしにくい。
ついでいうとあまりに戦闘に迫力なさ過ぎたので微妙だが、まあこんなもんだろ。
(☆☆☆★)

ゼロの使い魔 第3話』
前回の戦闘見て微熱がサイトに惚れて襲おうとしたりする話。
ついでに相棒であるデルフリンガーが登場しちゃったりしました。
が、まあそれだけの話。
相変わらずルイズのシャナっぽさが微妙です。
(☆☆☆★)

『N.H.Kにようこそ 第1話』
とりあえずOPの見事さとEDの逝きっぷりに拍手。
本編自体は漫画版第一話をじっくりとやった感じ。
漫画版に比べてややコメディー要素が控えめな感じだがこっちのがらしいっちゃあらしい。
あっちのほうも3巻ぐらいまでは楽しんで読んでたオレなので、まあ流し見するぶんには楽しめると思える感じ。
岬ちゃんはちと作画が甘い気がしたが。
(☆☆☆★)

『僕達がいた 第2話』
展開的にえらく早いんじゃないかなーって気もするが、早くもヒロインが第一回の告白を。
あと矢野と元彼女である山本姉との関係について多少言及されたり。
矢野が中々吹っ切れ切れない理由の一端が見えたような見えてないような。
とりあえず、早くもヒロインは矢野にマジ惚れしちゃったみたいです。
(☆☆☆☆)