ダークエルフ

ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけ』川人忠明

ソード・ワールド・ノベルにおいて長らくの間各国及び冒険者達の仇敵とされてきた闇の大国『ファンドリア』を舞台にした新シリーズ。
エルフに化けて国を陰で操る組織の一つの上層部近くにまで喰い込んだダークエルフを主人公に、過去に彼女に命を救われた青年が小間使い的役割で地味に活躍。
裏切り寝返り謀略謀殺当たり前の闇の国を描きつつ、これまでのシリーズにはあまり見られなかったダークな部分を全面に押し出しきった中々の作品。
ただまあ主人公のキャラ立ちがちと微妙って気がするのですが、重要人物の一人である百顔が結構好みなのでよしとしませう。

202冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)