『機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛』

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-


新生Zガンダムの完結篇。
これまで同様基本的には編集&新規カットの追加だが、大きく違うのはエンディングが異なる点。
流石にそのシーンについて言及することは避けるが、現代の社会情勢だとか人心のありかただとかを考慮し、尚且つ続編であるZZの存在を想定せずに作った結果がこのラストなんだろうなーってのは漠然とわかった。正直軽く涙ぐんでしまったことだけは言っておくが。

基本的にⅠにもⅡも面白い作品とは思っていたが、Ⅲに関しては別物と言っていいほどの出来になっている。
もとより戦闘シーンがメインとなっていたためⅢに関してはほぼ全てが戦闘シーンとなっており、新規カットの数も多く、かなり迫力があるシーンが次から次へと降ってくる。後半に一気に物語が加速するのはガンダムシリーズ全てに共通することなので、それを寄せ集めて構成されたⅢが息つく暇のないものになるのは当然といえば当然の話なんだが。

そんなわけで、完結篇であるⅢでかなり満足できたため、新生Z3部作全体に対してもいい印象を持つことが出来た。
個人的にはZZのが好きなのでそっちも是非やって欲しいところだが、まあそれはなさそうなので素直に諦めよう。
とりあえず、ガンダムファンもまだファンじゃない人も機会があれば3つまとめて見ることをお勧めする。

(☆☆☆☆★)