『功名が辻 第三十五回 北条攻め』

今更だが公式サイトで放送前にその週の放送分の大半のあらすじが書かれてる状況はどうなんだろう。

ちょい前に政略結婚で別れさせられた秀吉妹とその婿。
妹病死直前に身分を偽って最後の会合を果たしたわけだが、こういうシーンがはいるのがこのドラマのゆえんだろうか。
秀吉を主体にとらえた場合それほど重要視する必要が無いシーンではあるが、千代を主人公とした場合は感情の揺らぎが中々に多いシーンである。

それはそうと北条攻め。
秀吉軍の全権近くを委任された家康に、織田家の馬鹿息子が秀吉殺ろうぜと誘いに。
状況判断能力が零というかなんというか、最早この状況では誰が何をしようと状況は何も変わらないというのに。
そういう部分に関しては家康が明らかに抜きん出てるので見事なまでの狸っぷりに逆に感動した。

つか秀次さんの宿老である一豊が普通に最前線に乗り込む状況ってのは現代では理解できないぐらいの無鉄砲ぶりだが、当時の常識から考えるとそれほど問題ない行動なんだろうなあ。死なない限り。

んで、毎度言うが淀が酷くいらつく。
自身の母は生粋の尾張者だというのに、近江者が優れてる尾張者は戦馬鹿ばかりだとのたまっている。
まあそういうキャラ立てだから仕方ないんだろうけれども、やはり嫌いなものは嫌いだ。

んで、今回は秀吉の初子死亡まで。
今後日本はひたすら揺れます。

(☆☆☆☆)