まあいつもどおり

仮面ライダーカブト 第32回』

前回(遺伝子的には)自分たちが兄妹だとひよりに告げた天道。
その後、まあ毎度のご都合主義&不可解な場面転換が連続で行われた結果ひよりは失踪。
一週間後、唐突にZECTで大出世を果たした天道が実働部隊を率いてワーム退治・・・とみせかけた訓練に挑んでみたり。
んで、その結果副官として訓練生の糸使い女がまたもや抜擢される。
のはいいんだが、どうもモデル出というより現役モデルのようで演技力は無し。
いや、まあボウケンジャーのピンクぐらいの演技力はあるから基準は超えてるんだろうけど。
設定的に飯を味わって喰わないっつーのがあるようで干し飯だけ喰うようです、確実に脚気になりますが。

そんなことはさておき、本日の神代ぼっちゃまも大活躍。
サソードゼクターを何百万円かで天道に叩き売り、家宝の剣を片手にワームに突撃。
当然のように借金のために質に入れたのかなんかで刃無し柄のみの剣だったんですけど。
まあその後最強執事が剣を届けてくれたので無事にワームを撃退・・・っていうか脆いなあワーム。

んで、今回最大の見せ場は序盤で大活躍して即座に没落した矢車の復活。
なんかホーリーランドの時のマサキに近しい感じになって戻ってまいりました。
次回以降どう引っ掻き回すか楽しみであります。

(☆☆☆☆)