ライダー

仮面ライダーカブト 第34回』

気づけば初期のキャラクターが崩れに崩れているこのシリーズ。
落ちぶれ続けてそろそろ暗黒のフォースにとらわれそうになる元資格者影山の没落っぷりが涙なしには語れない領域に。
そして親友加賀見をもてなす坊ちゃまの相変わらずな逝きっぷりが、もう見ててたまらん。

そういうギャグパートはおいといて、ZECT本部の命令によりとある男を守ることになった加賀見。
男の正体はワームで、そのうえ何の抵抗も無くドレイクゼクターを手に取りドレイクに変身。
ボチボチ最終局面ということで裏の事情をガンガン出してきてるんだろうが、どういうことなんだか。
とりあえずZECTは人間に偽装して普通に生活している危険度の少ないワームを把握していて、それを陰で守っているということは確実っぽいのだが。
つーかZECT一般隊員の皆様すらワームと協力して普通に行動している状況はどうなんだろうなあ。
最早元も子もない感じっつーか、まあただ妄信的なだけかもしれないけどさ。

んで、やはりというか、まあ予告どおりに影山は矢車の一門に。
世界観間違えてねーかお前らといいたくなるぐらいにネガティブなコンビがここに誕生した。

(☆☆☆☆)