見続けるかは知らんがとりあえず新番組感想一覧

BLACK LAGOON The Second Barrage 13話』
セカンドシーズンというか、途中休憩を挟んだ続きって感じ。
何の説明も無いまま話数も継続しつつ地獄兄姉編からスタート。
血まみれ描写NG間際コメントなど等と地上波の限界に挑戦ってな具合にすげぇ話。
とはいえ今後の展開のエグさを考えたらまだまだ序の口なんですけど
ファーストシーズンに引き続いてのスーパークオリティーにはただただ感服。

(☆☆☆☆★)

Pumpkin Scissors 第1話』

前評判もさっぱり知らぬままなんとなく録画してみてみたら直球で好みだった。
長い戦争が唐突に終わってから三年後、まだまだ荒廃しちゃってる部分多数な帝国を復興するために結成されたと思われる陸軍部隊の物語。
直情派の女性隊長と、戦時中とある舞台の一員として修羅ってた大男が出会って田舎のダムを占拠していた元兵士達を素敵に殺戮。
作画描写台詞回しキャラの魅力などなど高次元にまとまった感じがしてとてつもなくディード。
この感じだと数話見てる間に原作買いに走ってそうだなーと未来視しつつも楽しみたいと思います。

(☆☆☆☆★)

DEATH NOTE 第1話』

今更この作品についての説明はいらないと思うので割愛。
原作超えそうな勢いで忠実にアニメ化してます。
ラスト間際のノートに字を書き続ける月の勇姿は一見の価値あり。
やや長丁場な作品なので何処までクオリティー維持していけるかをとりあえず楽しもうかと。

(☆☆☆☆★)

夜明け前より瑠璃色な 第1話』

オーガスト作なエロゲのアニメ化。
月の姫様が地球の一般庶民の家にホームステイしていちゃいちゃするお話。
いかにも主人公に惚れてそうな幼馴染と義妹と後輩に囲まれている現状が既にエロゲのフォーマットなんだが。
流石に今更ありきたりなエロゲでは満足しきれないであろう俺が何処まで楽しんで見れるやら。
最初の掴みとしては及第点を上げれる位の出来だったので飽くまでは見る予定。
とか書いてる瞬間に姫ずっこけ&国辱物の鼻つまみコンボが炸裂して俺大爆笑。
誰がどうみても子供時代に何か因縁ありそうな庶民と次期女王の日々は如何に。

(☆☆☆☆)


kanon 第1話』

OP後のモノローグとBGMだけで半泣きになってる俺はどうよ?
そして祐一が明らかにキョンにしか聞こえない状況は好ましいのか否か。
更に相変わらず素晴らしすぎる京アニクオリティーは何処まで続くのか。

第一話は祐一が7年ぶりに街にやってきて名雪と再開した次の日をダラダラと描く感じ。
ところどころ無理矢理っぽい気もするが基本的には自然な流れでメインキャラ全てを画面上に出現させるテクニックを披露。
とりあえず動物に吸い寄せられる名雪とタイヤキ屋台前で財布を捜すシーンのあゆの可愛さは異常。

と、こんな具合に思いの丈を書き綴っていくとそれだけで数千字に及びそうな確信があるのでこれぐらいで割愛。
現時点で断言すべき事柄としては、いつものように安心して毎週待望し続けてればいい、ということだろうか。

(☆☆☆☆☆)


銀色のオリンシス 第1話』

平井のキャラデザは基本的に好みで無いのだが。
どっからどうみても某種なキャラ満載のOP見た時点で投げそうになってるのがその証拠というか。

物語は1500年程未来が舞台。
・・・が、12分ぐらいでなんか限界感じたので終了。
今期初の見切り作品と相成りまして候。

(☆)

ネギま!? 第1話』

黒歴史ともいえる前作品から全てを一新しての新作品。
初っ端からエヴァンジェリン押しってのは、とりあえず俺を捕らえて離さない為と考えて問題ないよな?

キャラデザは正直好みではないがアニメとして最低レベルを追求していた前回を思うと問題とすべき事柄ではない気もしてくる。
一話に限っての話ではあるが作画の質自体は上々だし。
ただ、余りにも色々とすっ飛ばした感じが漂う初期設定に違和感を感じ得ないのがややモヤモヤするのだが。
初っ端から、しかも街のど真ん中で一切の躊躇無く魔法使って即座に明日菜にばれるっていうのは、なんかもうすっとこどっこいだなあこの野郎。
さて生徒集合の一こま。
なんか唐突に先行者が座ってたり座席が大学風味だったり五月がいきなり喋りたくってたりさよが普通に視聴者的には見えてたり桜子が明らかに別人だったりっていうかなんかロングショットでの頭身おかしくないか等等等等等等と語りつくせん。

という感じでネギまとしてはどうか知らんが、アニメとしてはかなり破天荒に逝ってて良いのかもしれん。
話に聞いてた黒板ネタのオンパレードの超クオリティーにも感服致した。
どうせ原作を無視するならこういう方面に初っ端から飛ばしてくれると視聴者としても覚悟を決めれよい感じだし。
魔法先生ネギま!?』のアニメ版ではなく、あくまでもアニメ作品『ネギま!?』である、という風にさっさと分別つけて楽しみたいと思いました。

(☆☆☆☆)


コードギアス 反逆のルルーシュ 第1話』

7年前の戦争で巨大国家ブリタニア帝国の属領となった日本。
軍とテロリストとの争いに巻き込まれたルルーシュは、7年ぶりに親友と再会を果たす。
が、目の前で仲間であるはずの軍人に親友は撃たれてしまう。
その後、ルルーシュは謎の少女からある力を授けられ、一つの誓いを果たす決意を新たにする。

えらく豪華なメンバーで作られた感が漂う新番組。
サンライズが全力を賭してるようで、同時複数漫画連載ネットラジオグッズ販売など等をほぼ同時に展開。
作品のテーマも、まあなかなか良さげ。
ありがちといえばありがちな冒頭展開もぼちぼち決まってたので、ある程度期待感を持って楽しめそうな感じはします。

(☆☆☆☆)


『史上最強の弟子 ケンイチ 第一話』

前シリーズ『史上最強の弟子』の初期より目をつけていた名作がついにアニメ化。
作画構成キャストなどなどそれもこれも及第点以上だったので満足。
ただ苛められた後のケンイチが擦り傷程度の負傷してないのはちと残念。
あのレベルの打撃喰らってあの程度ですむわけはないので、そこんとこを改善してくれれば。

(☆☆☆☆)


すもももももも〜地上最強のヨメ〜 第一話』

久々にまさしくアニソン、と断言せざるを得ないようなOPに速攻で打倒される。
明らかにギャグサイド重視の見事な構成に感心しつつ、最近のバトルサイド重視な展開を思うと切なくなる。
それはそれとして、初っ端からパンモロ押し倒し半裸全裸と見せ付けまくり、更に契るだのお情けだの大事なところだのと暗喩も比喩もクソも無い程に直球な表現のオンパレードに更に感服。
まあ肝心の戦闘シーンもなかなかのものではあったが前述の要素に比べればどうでもいいと断言しても問題ないぐらいのレベル。
非常に先が楽しみな出来であった。

(☆☆☆☆★)


地獄少女 二篭り 第1話』

まあ相変わらずな感じで普通に地獄少女
ということで、特に目立った感想はなかったり。
捻りもなしで・・・っと、オチは良かった。
謎キャラも唐突に顔見せしてたので、多分なんか対決的な展開に?
ボチボチ見ます。

(☆☆☆)

『天保異聞 妖奇士 第一話』

OPでソラ一面に変な光が飛びまわる光景がどーみてもエウレカ的だったのだがボンズ的にどうよ?
つーか今時流行るか流行らんか判断しにくい方向に濃いキャラデザだなあ・・・ってビバップのキャラデザの人か。
んで肝心の作品自体は・・・なんか至極微妙。
化け物退治物っぽい感じなんだがどーにも展開が唐突過ぎる感じがしたので。
とりあえず何話か見るけどたぶん途中で脱落します。

(☆☆★)


くじびきアンバランス 1くじ目』

本編視聴中は山田の声がわかるようでわからないことに苛立ち続ける。
で、一番心に残ったのは次回予告のくじアン良かった会議だったりするのだが。
内容自体は掴みとしては良い感じで声優のバランスも上々だったので問題なし。
当面は次回予告に多大な期待をしつつ見ていく予定。

(☆☆☆☆)

結界師 第1話』

お子様にターゲットを合わせた時間だからか、テロップを初めとする見事なまでの解説重視っぷりが目立つ。

肝心の中身自体は立派にゴールデンを飾れるぐらいのクオリティー。
原作自体傑作ではないにせよ秀作ではあるため安心して見れるし。
まあ原作が比較的有名なので内容については割愛。
当面見続ける予定。

(☆☆☆☆)


働きマン 第1話』

超傑作『ハチミツとクローバー』枠の後番ってことで個人的にはやや期待。
雑誌編集者としてバリバリ働く28歳独身女性の仕事っぷりを赤裸々に描く。
初っ端から外務大臣の秘書による内部告発を取り扱ってみたり。
んで、血中の男性ホルモンを増大化させることで仕事量が3倍になるという男マンモードなるものを即座に見せ付けてみたり。

シナリオ語ると長くなるのでかなり割愛。
大人の見るアニメって感じでしたが名作のかほり。

(☆☆☆☆)