カブト

仮面ライダーカブト 第36回』
先週より待ちわびていた学園潜入捜査編。
当然のごとく赤絨毯と花びら撒きの登場シーンでクラス中の度肝を抜いたお坊ちゃま。
どーでもいいっちゃあいいが、天道樹花は何気に優秀な生徒であることが地味に判明。
そして中々成果がでないことに苛立つガリ勉少女はワームに襲われたところを地獄兄弟の次男に助けられる。
・・・のだが、そんなことは坊ちゃまの天真爛漫さに比べれば瑣末すぎることなので放置しよう。
この坊ちゃま、教師の質問に大して堂々と手を挙げて前にいった途端『俺に代わって答えるものはいないか』とのたまい、執事に答えさせるという素晴らしい離れ業を速攻で披露。相変わらず桁が違います。
それはそれとして、久々に天道的な素晴らしい発言が飛び出したと思ったら唐突に空から剣が舞い降りて・・・いやいやなんなんだこの展開。
とりあえず、次回に続け。

(☆☆☆☆)