殺したいほど、愛してる

殺×愛 5巻』風見周

世界の命運を決める恋愛物語。
滅んでいく世界の中で平和を偽装し続けてきた主人公たちだったが、ここにきて均衡が崩れる。
過去の想い人の昇華のため自らが惹かれはじめている少女との絆を切り裂くことを決意したヒソカ
この巻は、全ての崩壊の序曲ともとれるその決断から僅か1月の間を綴った物語。

とりあえず今回は痛々しくて読んでられなかった。
物語自体はとてもとてもとても絶望的な方向に突き進んでいます。
なんかもー、何も言えねえ。

251冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)