『功名が辻 第四十三回 決戦へ』

ついに決断した一豊は徳川方に。
その後は関が原に向けてなんか色々と起こりすぎたので脇見ってた俺が感想を書くのはちと自粛だが、各々の思惑が渦巻く素敵なシーンが続出したことだけは記しておこう。

ただ、掛川城に入れず士気を落とす部下たちに対して打った一豊の演説は一世一代のものだったと確信はしているが。

さて、石橋を叩いた上に部下に渡らせてからしばらく様子を見たうえで恐る恐る渡る、と言ってもいいぐらいに心配症でこらえ性な家康様は決戦前に寝返った元豊臣方の忠誠心を試すべく皆をいたぶってみたり。
相手方である三成は真っ正直に頑張ろうとする余り身内の反感買いまくりで不安定。

といったところで、次回関が原の合戦。

(☆☆☆☆★)