3つの予定

くじびきアンバランス 第3話』
千尋と幼馴染三人の今を徒然と。
会長萌えな笠原の気持ちがちょっとわかりました。

(☆☆☆☆)


ネギま!? 第5話』
なんだあのOPの天狗は。

それはそうとすげぇアグレッシブなのどかのコスプレカードが漫画版のメインアイテムでした。
元来メガネをコンタクトにしたのどかに敢えてメガネ属性を付加するアニメスタッフの英断には個人的趣味を加味しない俺の意見として拍手を送ろう。
そして早くも千鶴姐とちうが結構前面に押し出して・・・っていや幾らなんでものどかをライバル視する展開はどうよ。

さて、それはそれとしてあっさりと木乃香が仮契約完了。
契約理由が刹那とのラブラブ度維持のためってのがなんとも百合的なんですけど。
そんな感じで滅茶苦茶まいてます。

(☆☆☆☆)


Kanon 第5話』
モノローグで軽く涙ぐみかける俺に乾杯。

風呂場での真琴と祐一とのやりとりというか空間というか間の取り方というか、それら全てが最高純度だったため既に腹いっぱい。
そして当初はむかつきっぱなしだったはずの真琴が近頃非常に可愛く見えてきた自分を認識してしまった。

それにしても全員同時攻略中の祐一の日々はすげぇ大変そうだ。
例えば舞と夜の校内で出会った日からおよそ24時間の間の出来事で俺が覚えてる範囲内のことを羅列してみると。
舞に出会う→ノートを名雪に返す→真琴と風呂場で遭遇→真琴に寝込みを襲われてむしろ寝かせる→朝起きて食卓で朝飯食ってるあゆに突っ込み→登校後半分寝てる名雪に突っ込み→昼飯前に舞と再会佐祐理とも出会い自己紹介した後一緒に昼食→その後間もなく栞と校庭で会って雑談→帰宅時おつかい途中の真琴に逢ってエロ本を頼む→帰宅後超怒り状態の真琴に肉まんと漫画の存在を教えてしまう→肉まんと漫画購入のためおつかい費用を使い込んだ真琴を叱責→夜の学校に赴き舞と合流→祐一をつけてきた真琴を舞が一蹴した後帰宅。

なんだろうこの高密度な一日は。
とりあえず、今回注目すべき点は舞がなんとなく真琴の正体に気づいてることを匂わせているところかな。

(☆☆☆☆★)