インターネット放送第84回

冒頭からいきなり会場のど肝を抜いた未完成のギルティ。
どこで収録してんだよ、と思ったら帰りの新幹線内でしかも出演者疲れて寝てるので栗林みな実斉藤Kでお送りする、って初っ端からアージュニュースの時間の時間的展開ですか。
そして速攻で栗林みな実ソロソング特集をまるっと放送。
こういうの聞くとやっぱライブの醍醐味は体の底まで響き渡る音響と会場中の一体感だよなあ、なんてしみじみと。

んで、パート2では各出演者の持ち歌一曲ずつ。
個人的には遠い夏の日よりシルバーリングをもう一度聞きたかったなー、と。
他の選曲に関しては何ら不満なし、あの興奮が蘇る。

更にパート3では大喜利が。
コレに関しては映像交えて聞かないと面白さ3割以下って感じかなあ。
このコーナーはこれまで以上に脳内映像フル活動で堪能。

今日は全体的に長文なのでこれぐらいで。
にしてもマジで出演者二人で終わったのが結構衝撃的だったりするな。