ブタ

『ヤクザガール・ミサイルハート』元長柾木

"異境"の技術及び概念によって混沌を極めた世界。
投下直後に空間毎停止した原子爆弾を中心に構成された広島に訪れた持久走だけが特異な普通のアメリカ人少年は街中で阿呆どもにかわかわれている少女を助けるため不意打ちで阿呆に蹴りをくれた後反撃にあいなすすべも無く狩られそうになるところを日本刀抱えたヤクザの鉄砲玉である少女に助けられる。何故かわからないまま彼女の人生に固執してしまった彼は何の因果か妙な能力に目覚めつつ彼女が発端となった抗争に参加することとなる。

感じとしては極々単純な際物美少女バトルアドベンチャーなんだが、エロゲライタと作家の中間を漂う作者らしい特異な世界観がそれを際立たせている。既に続刊を睨んだ展開で突き進んでしまっているためついていけない部分や理解不能な伏線がかなりのもんだが娯楽作品としては上々の出来である。

258冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)