『功名が辻 第四十五回 三成死すとも』

冒頭から三成死亡間際。
それはそれとして相変わらず天上天下唯我独尊な淀がうざってぇ。
戦勝報告に来た家康に対してのあの発言の数々は見てて肝が冷えたというか。
流石の家康もぶち切れて即座に三成の首はね命令下すのは当然か。

しっかしこの三成は最初から最後まで一瞬たりとも道を外すことなく真っ直ぐな生涯を歩んだよなあ。
それ故に曲がりくねった社会から見ると逆に曲がっているように見える瞬間があり、結果的に敗北を背負うことになったわけだが。

そして今回最大のポイントである一豊超加増。
戦場でなくそこに至るまでの過程を評価するのは信長以降の偉大な大名の常套手段だよなあ。
というわけで恐らく世界中の誰よりも一豊本人がそれを驚いたことであろう。

でもまあ世の中そんなにいいことばっかじゃないわけで、次回からは土佐で一豊超大変編開始です。

(☆☆☆★)