2冊

BLACK BLOOD BROTHERS S3』あざの耕平
BBB短編集その3。
比較的3人の周囲が平和だった本編3〜5巻に起こったあれこれ+世界恐慌の瞬間の吸血鬼たちの話をまとめたもの。
基本的にはコメディーパートに特化しているものの元来色々背負っちゃってる登場人物が主なので時折色々考えさせられるシーンが出てきたりも。
でもまあやっぱ短編集は大いに笑って愉しむのがベストなので、十全にその役目は果たしてくれておりました。

311冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

ソードワールド短編集 サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』山本弘
王道な割に曲がりくねった感じの強いサーラシリーズは基本的に好きじゃないのだけれど、その中では今回のが一番面白かったような。
一応全てがサーラシリーズの外伝的扱い、というか充分本編に値する内容なんだけれど、シリーズ外作品として読んでも充分面白いクオリティ。
とはいえ相変わらず曲がりくねったシナリオもあって、露出壁のあるマゾっ娘が主人公だったりしたのは流石にどうかと。
でもまあ暗い過去があるが故に上り詰めた一国のギルドマスターの悔恨の生涯を短編で見事に描ききった『時の果てまでこの歌を』はソードワールド短編集の中でも傑作といっていい作品だと思いました。

312冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)