げんしけん

オタクの聖典とか言う気は皆目ないが、とりあえず俺は大好き『げんしけん』の最終巻がようやく届いたので貪り読んで満足しきった。
半分が書き下ろし、その全てが笠×萩のラブラブ描写及び班×咲の悶え及び居た堪れなさ描写に費やされている。
まあモラトリアムの終わりっつーか当然あったものの終息の瞬間っつーか、そういう感じがたまらねえ。
延々と読み続けたい気持ちは当然あるんだが、ここでアッサリ綺麗に終わってくれたことに感謝したい気持ちがあるってのも確か。
その相反する感じがまた堪らねえなあ。

楽しい4年間をありがとうございました。