上等。

BLACK BLOOD BROTHERS 7 王牙再臨』あざの耕平
BBB第二部完結。
再び特区の地に足を踏み入れる九龍九姉弟が長女カーサ。
同時に、全ての姉弟が終結し、11年の悲願を成就する。
少し時をさかのぼり、軍師たるウォーカーマンことザザによる練りに練られた戦略により特区は最大の要を失っていた。
香港大戦を髣髴とさせる最強最悪な情況を前にして、特区に生き、特区を愛する赤と黒の血族達は最小にして最強たる九龍の一族を迎えうつ。
短い平和な時は終結を向かえ、新たな戦いの時代が訪れる。
自分が守るべき何かのために全てを賭して戦う熱い奴らの全力、この眼でとくと拝ませてもらった。
109冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

『サクラサク上等。』三浦勇雄
シリーズ開始直後から疾走感と大雑把で派手なアクションが見所だったわけだが、このところ疾走感と引き換えにバトルシーンが多発するも、実のところ格闘描写は大したことがないため妙に読み飛ばしてしまいがちに。
とはいえシリーズで初っ端から突き詰めていた『邪魔する奴ら、全て上等!』のスタンスは確固として築かれ、読んでると燃え滾って仕方ないように。
そんな上等シリーズもこれにて完結。
高校二年生だった鉄平達も晴れて卒業。
長かった内世界外世界を巡る争いも一応の終止符が打たれる。
自分の『信念』を貫くため、それ以外の全てを敵に廻しても構わない奴らの最終決戦。
シリーズ完結に相応しい一冊である。

ただまあ・・・最初から最後までイラストは本気で微妙だったよなあ。
110冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)シリーズ通算