勇者の芽生え

ゼロの使い魔11 追憶の二重奏』ヤマグチノボル
基本的につかず離れずやってる主従をメインに、何故か次々に美少女達が従のほうに横恋慕して、更に従のほうは来るもの拒まずとばかりに目移りしまくるものの、最終的には鞭鞭鞭飴鞭鞭鞭とばかりに責めメインな主のご機嫌伺いして次の巻に続く、ということを延々と11巻。
今回もある程度話は進んだものの基本的にはいつもどおりの起承転結。
段々子悪魔的というより痴女的なアピールを魅せつけつつあるルイズの暴走っぷり、の割に全然素直さを見せないガキっぷりに嫌気が差している俺ではあるものの、どんどんと真の意味での勇者に近づいていくサイトの漢っぷりに惚れ惚れさせられてみたり。
尚且つ従争奪レースに最強の無口キャラが参戦を表明したことで、個人的読み応えもアップ、ということで一部を除けば概ね満足のいく内容と成っておりましたとさ。
151冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)