集い続ける

レンタルマギカ〜魔法使いvs錬金術師〜』三田誠
1巻と2巻の間に起こった小さな、といっても命がけな依頼×4。
各短編で各々のキャラの小話を交えつつ、比較的コミカルな感じでいてシリアス混じりな良作ぞろい。
結局毎週毎週魔眼全開使用している社長さんは、そりゃ2巻の次点で限界超えそうになるよなあ、とか思ったり。
文体的に多少気になる部分が出てきたものの、内容事態は相変わらずいい感じ。
ただ物語の構成フォーマットがワンパターンってのがちと残念かなあ、とは思ったり。
153冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)