今日のこと

深夜ひたすら鼻血が出続けたので熟睡できないまま朝を迎えてみたり。
手のひらと爪の間と何故か太ももに血がべったりと。
しかし鼻の奥から血が伝って来る感覚と同時に体が反応していたようでシーツには一切汚れなし。
起床後暫くは不定期に血が出続けていたのでリビングでダラダラしつつひぐらし解を視聴。
その後は激奏ライブパートを見てから適当にサイクリング。
その途中本屋にてコミックガオを立ち読み。
新連載の『とらドラ』『アリソン』に加えて『バッカーノ!1931』『わたしたちの田村くん』と、好きなラノベ作品4つが揃い踏み。
つか半分ぐらいはラノベ漫画版なんだねえ。
真面目に読んだのはとらドラだけだったけれど、各キャラの個性が非常に良く出ており、とりあえず大河が最高に可愛くて堕ちた。
前述の4作品は全てコミック購入確定なわけだが、その中でも筆頭となる予感がヒシヒシ。
あと気になったのはバッカーノ!の背景が殆ど白紙だったことかなあ、流し読みだからよくわかんないけど、作画時間の都合でそうなってるのならばコミック化の時にはしっかりして欲しい。
どうも原作物を漫画に起こす時は細部がおざなりになることが多い感じがして。
わかりやすい例で言うとハルヒなんだが、時折目を覆いたくなるぐらいにレベルの落ちきったキャラや背景が出てきて萎える。
全体的に得点化したら面白いほうに分類されるから集めてるけれど、もうちょいどうにかして欲しいかなあ。
フルメタΣとか田村くんなんかはそこそこのレベルを維持し続けてるので、是非にとらドラは一話のクオリティーを維持して頂きたい。

んで、帰宅後はなんか眠気と戦いつつ昌鹿編集部を6週分ぐらい聞いてみたり。
この後はバッカーノ一話視聴後なんかやって明日に備え早く寝る感じ。
合間にキートン読んでみたりもするかな、傑作は偉大。