9

刀語 第九話 王刀・鋸』西尾維新
さてさて冗談抜きに後半戦突入な刀語が第9話。
今回の相手はある意味最も戦いにくいともいえる、一切卑怯ではなく殺意も無く悪意も無く敵意すらない割りに戦闘力で言うと結構なランクに値するような剣士。
ある意味史上最悪ともいえるハンデを背負わされての(無論相手に悪気は無い)タイマン勝負。
出るか奥義閃くか奇策、向かう相手は滅茶苦茶まっすぐだぞ。

そういうわけで相変わらず良作なシリーズ。
ぼちぼち値段の高さすら気にならなくなってきたぜ畜生。
242冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)