爆裂

『太陽戦士サンササン』坂照鉄平
タイトルさえ見ていただければ概ね理解はしてもらえるものと思うが。
名は体を現すとでも言おうか、まさしくタイトルどおり、太陽戦士サンササンを主人公とした近未来形のヒーローストーリーである。
異世界の勇者が乗り移ったゾク仕様のメットを装着した特殊な課にいる警官が、テロリストでありとうの昔に社会から存在を抹消された義理の姉及び自らの住む街を護るべく奮闘する超絶的に王道まっしぐらなお話。
ヒーローにはヒーローの悩みや重いがあれば悪役にも悪役なりの思いがある。
昔の戦隊物ではなく、どっちかっていうと平成ライダーみたいに登場人物の思惑が交錯したりするものの、基本的には頭からっぽで読むの推奨って感じな作品だったり。
名作でも傑作でもないがステキな良作、そんな一冊。
254冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)