らすとすぱーと

『七人の武器屋 ラストスパート・ビギナーズ!』大楽絢太
終わったかと思いきや無事に始まった完結編。
視点を新店長である最年少天才鍛冶師にうつした第6巻。
相変わらず陳腐な表現と成り行き上等なストーリー展開を中心とした児童文学的ラノベではあるものの、妙に現実世界にリンクしした感じ漂う適当なファンタジー具合と友情最重要視な熱血展開がとてもとても好ましい感じ。
今回は完全に完結編の上巻と割り切って書いてる感じで様々なことを次回に投げっぱなしたまま終わっているのだが、一応の盛り上がりはあるし、相変わらずエンターテイメントとしては上質。
一気に経過した時間分に経験したであろう様々な内容がちらほらとして見えてないため次に収録予定の短編が楽しみだなあ。
258冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)