敵は本能寺にあり

去年放送された『信長の棺』完結編と銘打った作品なので見ている。

で、速攻驚愕したのが”羽柴秀吉竹中直人”のキャスティング。
正直今が昼間で回りに人がいなければ狂喜の叫びとともに咽び泣いたぞ俺は。
恐らく今後DVD化はありえないとされている大河ドラマ”秀吉”以来の竹中秀吉。
これを逃すわけにはいかねーってことでマジ見決定。

で、信長様を玉木宏がやってるんだが、渡信長には敵わないにせよ、近年見る信長役としてはすげぇナイスキャスティング。
去年の松岡信長はそれほどの威圧感もなく微妙な感じだったしなー。

さて、感想は随時更新予定。

見終えた。
結局のところ秀吉は脇役。
まあ主役が違うから仕方ないが。
歴史ドラマとしては良作認定。
やっぱ安土桃山時代に勝るものはないわ。