グレンラガン

世間に遅れることおよそ三ヶ月にして全話視聴完了。
最初から最後まで全力疾走、序盤一瞬だらけた部分を除けば終始文句無しの出来。
戦いというか物語の規模があまりにも拡大し続けたため正直理論的にはついていけなかったが登場人物同様気合でカバー。
正直4部に入ってからの熱すぎる展開は俺の睡眠時間と仕事時間を削るに相応しいクオリティ。
特に最終回、あのラストバトルのシーンの完成度は異常。
賛否両論っぽい雰囲気漂うエンディングだったものの個人的には万事オーライ。
真の意味で誰もが幸せになる、なんてことはあり得ないが少なくともあの結果を後悔している奴は誰一人としていないだろう。

いやはや紛うことなき超傑作であった。