掘るがいいさ

『突撃お宝発掘部 深く静かに掘りかえせ!』麻生俊平
3年ほど積んでたが読むのがなくなりつつあるので拾ってみた。
その名の通り宝を発掘すべく深く静かに土を掘る、所謂浪漫を追った青少年の物語。
ミステリ的要素に熱血青春的要素を交えてBL臭を漂わせつつ穴を掘ったら一冊出来た、みたいな。
テーマや活動自体は面白いのだけれどメインに据えた物語がちいとややこしいというか単純というか唐突というか、まあなんとも微妙だったので惜しいかな。
36冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)