二周目

バカとテストと召喚獣井上堅二
昨年における俺的”ベストオブバカラノベ”受賞シリーズの第一巻。
初毒で面白かった部分は今回も当然面白かったわけだが、流石に二度目ってことでインパクトは低め。
やはり余程練りこまれたシナリオだの世界観だのを武器に読者の深層心理すら弄ぶような傑作と違い、ノリとテンポとセンスで究極の満足感を与えてくれる、こういったギャグテイスト満載なシリーズはファーストインプレッションが最高なんだろう。
70冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)