魔女

魔女の生徒会長2 超悦者ジュリエット』日日日
変人しか出ない作品である、ということはこの作者の名前が出た時点で確実なので割愛。
今回は前生徒会長であり、世紀末学園が所属する第三日本帝国の姫様であるところの耳寺ジュリエットが”B校舎最強決定戦”に乱入しての阿鼻叫喚。
既存のキャラクタを活かしつついつもみたく新キャラも次々に投入しての馬鹿騒ぎ。
やはり維新臭が強めに香ってくるのが気になるものの、熱血展開及びご都合主義のオンパレードは読んでて楽しいものではある。
とりあえずはD校舎まで一冊ずつ消化して一気に完結させるのか、そこから更に他の日本を巻き込んでいくのかはわからないけれども、この感じだと日日日のシリーズのなかでも一、二を争うぐらいに好みなシリーズに育ってくれる雰囲気もあるので楽しみに。
73冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)