よめた

輪環の魔導師2 旅の終わりの森』渡瀬草一郎
相変らず素晴らしすぎる描写で美しく紡がれる世界。
魔導師と旅をテーマにしている・・・のかなあ?といった感じのこのシリーズだが、次々に新キャラ/新要素が登場して物語はじわじわと深みを帯びてくる。
見ようによっては幸福だが見ようによっては不幸ともいえる状況で生きざるを得ないセロと、好き勝手やってるようで内心不安満載なフィノの関係性がどうもまだあまり好きになれないのだけれども。
でも前巻より更に面白さは増しているし展開的にも上々で今後も楽しみ。
79冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)