鳴動

BLACK BLOOD BROTHERS 2 特区鳴動』あざの耕平
二人の兄弟が特区に上陸してから、僅か27時間の間に巻き起こる物語。
香港時代の戦友にして特区における盟主の二人との再会、闘将アスラの血族である大吸血鬼の本格参戦などなど物語は一気に展開。
これだけでも充分大事件なのにも関わらず、この直後に巻き起こる事件からすればほんの序章ですらないというのが恐ろしい。
一応前後編の前編に位置するため、色々起こった割に何にも解決していないわけで、真価が発揮されるのは次の巻である。
82冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)