天剣

『ミキシング・ノート 鋼殻のレギオス8』雨木シュウスケ
メインキャラを主役に据えたサイドストーリー及びレイフォンが天剣に就任した直後の革命騒ぎを収録した短編集。
今回は別段世界観の深さが増したり物語的に展開が進むというわけでもなく作中の時間は殆ど経過することなく過去話主体となっているため比較的気楽に読める。
どちらかといえば各キャラのこれまで描かれていなかった面にスポットを当てたような感じの構成になっているため、そのギャップになんともいえない味わいが。
つまりまあよくあるタイプの短編集であり、ファンなら楽しめるしファンじゃなきゃ然程楽しめないというような感じ。
95冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)