うろおぼえろ

銃姫9』高殿円
砂漠編クライマックス。
つか本編も終焉に近づき続けてる筈であり、これまで隠されていた要素が次々に明かされている状況。
とはいえ流石に期間飽きすぎててこれまでの流れ殆ど忘れちまってるので殆ど想像で埋めてる感じな俺がいるんだが。
とりあえず人間関係とキャラの背後関係あたりがうろ覚えすぎて感情移入しにくかったので完結した頃に一気に再読することで許してもらおう。
96冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)