ファミ通

モンスターハンター 魂を継ぐ者4』氷上慧一
シリーズ開始から数えて作中では9年経過。
ど素人同然だった一人の狩人が超一流の狩人として名を轟かすに至るのに充分な時間。
そして新たな狩人は現れ続け、自らのかつての師匠と同じように、自身も誰かを導く立場へと。
今回は新キャラ登場に加えて人間関係の変化、そして立ち塞がるは空の王者リオレウス。
昨日から狩人復帰した俺としては、読んでる最中狩りに出たくて仕方なかった。
俺も精進せねば、そう思わされる一冊である。
100冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

狂乱家族日記 九さつめ』日日日
あとがきで散々書いてるが今回より起承転結における”転”が開始。
つまりは只管に広げ続けた風呂敷を畳み始める作業に入る、というわけで、新キャラ的なのが出てきたり既存のキャラ設定がかわってきたりと色々進展を見せるものの当然のように変人アンド記号化されすぎたキャラしか出てこないのは相変らず。
もうとうの昔にそんな状況には慣れたので別にいいが、時折我に返ってみると虚しさを感じる時もあるような。
まあそれはさておき、現代と1000年前を交互に描くことで”家族”というものの大事さ、というか必要性みたいなのにスポットを当てつつも世界は新たな段階へと向かっている感じ。
さてさて、一体どうなっていくのでしょうね。
101冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)