6

れでぃ×ばと!6』上月司
ここにきてようやく新キャラ攻勢が終了し、既存のキャラ設定を深めたり人間関係を弄ったりと状況に進展が。
内容自体はそこそこ深みがあるのにエロとコメディで虚飾された結果非常にコアなシリーズになってしまっている状況に変わりは無いのだけれども、まあボチボチ楽しめてよろしい。
今回は運動会完結編/休日の遊園地/大地弱点克服作戦、とでもいうべき三篇収録。
当然のようにどれもこれもエロさ満載且つご都合主義の極みだったが、まあそれが特色。
シリーズ開始時に危惧してた状況からの脱却は未だ見られず期待していたほどの展開にもなっていないのだけれど、結構楽しめてるので引き続き追うことにしましょう。
112冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)