8

ダブルブリッド8』中村恵里加
着実に終焉に向かいつつあるアヤカシ達。
もはや微笑ましいシーンは絶無であり、全ての描写が痛々しくて仕方ない。
比較的日常を描写しているシーンですら、来るべき終末に向けての前奏曲にしか思えない。
一人のアヤカシの死を契機に全ての状況が転換したわけで、決戦は避けれない。
残り二冊、全ての終わりを見届けよう。
129冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)