1

天元突破グレンラガン1』砂山蔵澄
良くも悪くもグレンラガン
アニメへの思い入れが凄まじいため読むと同時に動画が脳裏をよぎるため非常に楽しめたが、これ単品で読んだ時にどれほど楽しめるのかは疑問。
入門編ではなく、アニメを楽しんだ人の参考本とでも思えば良いかも。
148冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)