天元突破グレンラガン?』砂山蔵澄
アニメと多少の差はあるものの、やはり良くも悪くもグレンラガン
アニメとしての完成度が高すぎるがゆえに、小説読んでも頭の中にアニメーションが思い浮かぶだけだったり。
やはりこれ単品では充分楽しめないんじゃないかなーという気分に。
153冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)