電撃二冊

世界平和は一家団欒のあとに5 追いかけてマイダーリン』橋本和也
メインは異世界の元姫であり、魔王打倒パーティーの一人であるところの星弓家母親であるところの志乃こと本名シノン。
25歳の子供がいるとは思えない若若しさと歴戦の勇者ともいえる主婦力を併せ持った一家の礎。
とある理由から大げさな夫婦喧嘩の末家を出た彼女と、家に連れ戻さんとする他の家族達を巻き込んだとある異世界騒動。
相変らずギャグテイスト満載な中に溢れんばかりの勢いで描かれる家族至上主義っぷりが清清しくも美しい。
今回も息子の我がままに妙に感情移入しちゃったり、元勇者様の勇姿に見ほれてしまったりと、至極堪能。
168冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

メグとセロン3 ウレリックスの憂鬱』時雨沢恵一
1と2はそこそこアクションめいた要素もあったが、今回はなんとも思春期の少年少女っぽい甘ったるくもほろ苦い学園生活を描いたライトな一冊。
特徴的な雰囲気漂う描写のステキさは毎度のことであり、加えてキャラクタの魅力が良い感じに演出されてるので非常に楽しめる。
3巻を費やして恐らく2週間程度しか経過していないうえに、まだまだ夏期休暇が続く状況、更に最終地点が来春以降と約束されている状況なので長らく楽しませて貰えそうな予感。
169冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)